ドリラジ練習とマビノギ初心者

ヒラリー男爵。初心者そしてルエリサーバーのマビノギブログ。ドリラジは実車改造とラジコンでレベルアップ

adsenseが危険な広告に置き換わる

こんばんわ!ヒラリーです。
わたくし、一人でも多くの女性を幸せにしたく、仕事に料理、筋トレと励んでいます。
どこの筋トレって?それは内緒w キャハwww

ということで今日の本題。adsenseが危険な広告に置き換わる。インターネットの脅威といいますか、とても危険です。

具体的には、アドセンスというグーグルの広告が危険な広告に変わってしまいます。
「お使いのPCは危険にさらされています」 とかのアレです。
これ、おまえが危険じゃ!というもので、クリックしてはいけません。

役立つHPの多くにはグーグルの広告が埋め込まれていて、皆これをスポンサーに魅力的なHPを作成するわけです。
それが脅威あるバナーに変わります。
素晴らしきネット情報が廃れていく可能性を大いに秘めたウィルスなんです。

犯人は、「ads removal」というアドオン。

これは閲覧者側のPCによって起こります。いつの間にかPCに潜入します。IEでもクロームでも感染します。
ads removalって一般的にはウィルスなんですが、厳密にはマルウェアということで、ウィルス対策ソフトでは検知されないのが一般的。
なのでなんらかの方法で削除しなくてはいけません。間違えて押しちゃうと大変ですからね。

正体はブラウザのアドオンなので、無効にすれば大丈夫。

アドオンの無効(IE)

IE(インターネットエクスプローラー)の場合、右上の設定アイコンから「アドオンの管理」に入り、画像の赤い部分を選択して、無効にします。

アドオンの無効(クローム)

グーグル・クロームの場合も同様。右上の設定アイコンから「ツール」「拡張機能」とクリックし、拡張機能の管理画面で無効か削除します。

とりあえずの処置としてはこれで大丈夫。
しかし、勝手に有効になっている例も確認。その場合は、アドオンを管理できるソフトを利用して削除して下さい。コントロールパネルからは削除できません。

新聞より遙かに役立つネット文化を守るため、一人でも多くの方がこの対処方法を実践して下さることを切に願います。

該当の記事は見つかりませんでした。