ドリラジ練習とマビノギ初心者

ヒラリー男爵。初心者そしてルエリサーバーのマビノギブログ。ドリラジは実車改造とラジコンでレベルアップ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手の大きさとマウスの大きさ、形状

パソコンは「疲労軽減」が最も重要と思ってるヒラリー男爵です。
今日はシルバーウィーク特別企画・第1弾w 手の大きさとマウスの大きさ、形状について。自分はカッコわるいことに、手の大きさは女性サイズ。それで機能も優れたマウスを好むから、選択肢は意外と少ない。いろいろ買ってみて、気に入ったモノは長く使うタイプの私ヒラリー、マウス形状について言及してみます。
マウスの大きさと形状01

 
 
 とある研究機関によれば、マウスの使いやすさは「手の大きさと持ち方がポイント」らしい。
自分としては、「慣れればどれも一緒」。だと思うんだけど、より使いやすいマウスを握っちゃうと、気になる部分が出て来ちゃったりする。

仕事でマウスを使う筆者の職場では、殿堂入りマウスコーナーが用意される。迷ったらコレ、握って初心に戻ろうというw
マウスの大きさと形状02
こんな感じで8個くらい閉まってあるんだけど、ランキングから漏れると誰かが貰っていくよ。

ごめんもしかしたら、ガラパンルックのヒラリーが、奧の鏡に写ったかもwww ちょうど着替え途中でwww

ヒラリーの手の大きさは小さい。指先から脈を測るところまでで、22cmくらい。
マウスの大きさと形状03
22cmって、身長150cmくらいの女性用サイズかなぁ。

マウスの持ち方は、つかみ持ちとか言われる感じ。手首を固定して、手のひらの中でマウスを動かす。また感度はローセンシで、意外と大きく動かす。

手首を固定するということは、手のひらとマウスのお尻部分に隙間が必要だよね。その隙間を使って上下するわけだから。
小さいマウスならローセンシでいけて、お尻が大きいマウスならハイセンシにしなきゃ上下できない。するとマウスに重量が必要。ということになる。

ということで、「小さいマウスと滑りの良いガラスのマウスパッド」を好む。現在のマウスパッドはGパッドってやつ。でかいマウスもね、浅く握れば一緒なんだけど、そうするとクリックの反応が悪かったり、ボタンの爪が割れることがあるんだよね。なのででかいマウスなら重量あるモデルでハイセンシ。




ということで、お休み中の同僚デスクで、いくつかのマウスを握ってみた。

マイクロソフトのブルートゥース・ワイヤレスマウス。ノートパソコン用。モデル名はワイヤレス・メモリーマウス8000
マウスの大きさと形状04

充分手の中で動かせるコンパクトさ。金属の感触も気持ち良い。サイドボタンのクリック感も気持ち良いよ。先端から後端の、重量バランスもいい。
欠点はスクロールホイール。節度感のないタイプで、ロジクールの様にフリースピンもしない。
マウスの大きさと形状05

ロジクールのノートパソコン用。VX-NANO(ナノ)とかそんなモデル。
マウスの大きさと形状06

コンパクト&めっちゃ薄型。手に触れて欲しい部分にはスポンジを張ってるw もう少し厚みがあれば完璧。筆者はこれ2個買って、長く使っていた。写真は去年まで自分が使用してたやつ。
マウスの大きさと形状07

お次はマイクロソフトのデスクトップ用マウス。ワイヤレス・レーザーマウス7000。
マウスの大きさと形状08

ボディがスタイリッシュと評判のマウス。しかも美しいだけじゃなく、単純に手を置くだけなら、最強クラスのフィット感。そしてけっこう大きいんだけど、スリム&くびれがあって、大きさを感じない。またボディの膨らみも邪魔にならない場所が膨らんでるから、普通に使える。腰に手を回しやすい女性みたいな感じと言えば伝わるかな。

欠点はやはり、ホイール。それから充電セットの不具合が買ってすぐから発病。アルカリ乾電池で使用するも電池は1ヶ月持たない。また最近、滑り止めが劣化し、ベトベトしてきたんでそろそろ引退予定。
スタイル完璧なだけに惜しすぎる。
マウスの大きさと形状09

ロジクールのM705。まったく実働しなかったかわいそうなマウス。
マウスの大きさと形状10

ふっくらぽっちゃりなボディで握り上々。フリースピンモードという機能的条件もクリア。とっても良いんだけど致命的な欠点がある。
それはセンサーの位置。
マウスを操作する時って、親指を支点にしてお尻振って微調整。無意識にそんな操作もしていると思う。そこで問題になるのがこのセンサーの位置。中央に近いモデルほど、他のマウスに変えた時でも違和感がなくなる。
マウスの大きさと形状11

下の写真はロジクールのG502。センサーの位置は中央。
上のM705と比較すれば、この差はデカイ。
マウスの大きさと形状15

以上、今回は小さいまたはお尻がスリムなマウスをみてみた。

こうしたマウスなら手が小さくても手首を固定して、ローセンシ(感度低く)設定し、指先だけでラクにパソコンができる。重量級マウスと比較すればパス取りなど細かな作業時のコントロール性は劣るけど、それもローセンシでカバーする。で、軽量だから長時間の作業がラク。

もし大きく重量級マウスを選択するなら、ハイセンシ(感度高く)設定しないと、手の中で動かせない。ただし滑りの良いガラスのマウスパッドとハイセンシを組み合わせても、重量があれば安定する。
長時間の作業は親指が疲れる。筆者は腱鞘炎とか関節痛とかになっちゃう。だけど機能で選ぶと必然的に重量級マウスになるから、ガマンして使う時もある。

ということで、手のサイズに合ったマウスを買えば何もしなくても疲れにくい。もし合わないマウスを買った場合は、マウス感度とマウスパッド、マウス買ったらしっかり煮詰める。そしたらパソコンがラクになると思うよ。




ヒラリーが自宅で最近まで使っていたマウス。ロジクールのG300。買った時は6000円。今は3000円で買える。
これ安いだけじゃないんだ。握りやすい。それで親指部分にボタンがなくて、薬指で2つのサブボタンを押せる。だから親指の負担が少ないとけっこう完璧。ゲーミングソフトウェアももちろん使える^^
マウスの大きさと形状12
自分の手と持ち方にはなかなかフィット。しかも軽量。とってもいい。

欠点はケーブルが固い。それでマウスが軽いから勝手に動く。ケーブルとデスクが摩擦抵抗にもなって、動かす時の負荷も変わる。それからホイールが左右にチルトしない。マニアックな部分ではリフトオブディスタンスは5mmとかそれ以上。

アームレストはこんなのを使って、やはり手首を固定して使用してた。
マウスの大きさと形状13
このアームレストは5000円位。イス買って、1万円のオプションで肘掛け追加するなら、これ買ってみるのも一つの手。安く済むよw 使い勝手も上々。キーボードに手を伸ばして持ち変えるその瞬間、この可動式アームレストのありがたみがわかる。

これは最近、同僚が買ってきてくれたコンパクトマウス。
MX Anywhere 2って書いてあるw
マウスの大きさと形状14
まだ使ってないんだけど、このマウスのブルートゥースは、3台までのパソコンとのペアリングを記憶。それで背面の物理スイッチで切り替えて使えるんだって。物理スイッチで切り替えできるってのがポイントで、どうやらネットゲームで利用するみたい。
3台のパソコンを使うとか、2台+タブレットとか。

貧乏性のヒラリーは3台のパソコンでネットゲームなんて無理だから、宝の持ち腐れかな。仕事でも複数のパソコンを動かしたらメンテナンスが大変。ついでにキーボードの問題もあるしね。
関連記事

-2 Comments

麻雪 says...""
アームレストって楽そうだね!あたしもほしくなった

それと、ヒラリー足細いwww痩せてるww
2015.09.24 08:12 | URL | #- [edit]
ヒラリー男爵 says..."まゆさんコメントありがとー"
むははw ビジネスソックスにスリッパですからね、みんな好きでしょーwww ちなみに自分は、ブラウス+太ももが大好きです^^

アームレスト興味持ってくれてありがとね!「可動式アームレスト」って検索するといろいろ出て来て、いくつか買ってみたけど、まともに使えるのはこれくらいだったよ。
アームスタンド CA-500って、よかたら詳細見てみてね!
2015.09.25 16:03 | URL | #qbIq4rIg [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。