ドリラジ練習とマビノギ初心者

ヒラリー男爵。初心者そしてルエリサーバーのマビノギブログ。ドリラジは実車改造とラジコンでレベルアップ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大事なのは通信速度じゃなくて応答速度

マビノギ、アルバン騎士団訓練所に行くといつも重いんです。スキルでない!ペットでない!て感じで。そこで久々に、回線の応答速度などをチェックしてみました。
やっぱり気持ち良くゲームしたいってことで、そんなに詳しいわけじゃないんだけど、ラグに困ってる方も自分だけじゃないと思って、みんなで気持ち良くマビノギできたらいいなーと思って、今日は「通信速度」じゃなくて「応答速度」が重要という事に触れてみます。
マビノギと応答速度01

 
 
 
 自分は前にレンタルサーバーの代理店をやってたことがあって、充分なスペックのサーバーを組むと、回線、小物、プログラムが言い訳聞かなくなるというハナシをよく聞いたんだ。
マビノギに置き換えれば、パソコンに問題なさそう。回線も充分なはず。でもラグいw じゃあ少しずつチェックしてみようかと、そんな感じになると思う。

楽しくゲームするためには何をどうしたら良いんだろう?? そのヒントの一つが、「応答速度」ってやつ。

とりあえず最低限の予備知識。
回線の速さって、「通信速度」と「応答速度」ってのがある。よく1Gbpsとか宣伝されてるのが通信速度ね。

---------------------------------------------------
・通信速度・・・単位はbps。帯域の広さみないなモノ。重要性「低」
・応答速度・・・単位はms。流れの速さみたいなモノ。重要性「高」
---------------------------------------------------

一般的に宣伝されるのは通信速度。これは日本語が複雑である意味だまし。多人数で利用するとか、ホームページ更新するとか、動画をアップするとか、そんな時の目安。ゲームにはほぼ関係ないから騙されちゃダメw

ネットゲームで大事なのは応答速度。これが日本語でいうところの速さ。PCからの信号が相手に到達してPCに返ってくるまでの時間。「ping」と呼ばれることが多い。

なので、ラグい!と思ったらpingを気にしてみるといいと思う。チェックはネットサービスを使うと簡単。

---------------------------------------------------
http://www.speedtest.net/
---------------------------------------------------

このサイトを利用して、pingをチェックしてみよう。 
マビノギと応答速度02
東京あたりにマウスポインタを持っていき、ポップアップで東京を選択しよう。マビノギのサーバーにpingを打つのは難しそうだから、代わりにどっかのサーバーね。

すると計測を始める。
マビノギと応答速度03
数秒待てば結果が出る。
そして画面左上、pingという部分に注目する。この画像では10ms。ここが重要。msはミリセックで時間ね。数字が小さい方が速い。

ネットゲームでは20msあたりがストレス無くゲームできる基準と言われる。で、50ms以下が許容範囲内かな。100ms越えると体感としてかなりラグいかも。

とりあえず3回ほどチェックして平均を見る。ラグいと思ったらチェックして、曜日と時間をメモすると、何を改善すればいいかわかるかもしれない。



自分の場合はこんな感じ。場所は近くて回線の異なる2箇所、そこでインターネットに繋ぐから、参考に載せてみる。

まずは職場のフレッツ光(法人契約)の回線。プロバイダはOCN。料金は特に高価じゃない。
マビノギと応答速度04
時間は平日の午前中から夜20時ころまで、pingはだいたい一緒。

フレッツ光ネクストなど、普通の光だとこんな感じだと思う。使ったワケじゃないけど、OCN光とかドコモ光っていう、普通じゃない光回線てのも最近教えてもらった。

次に自宅のADSL。プロバイダは@nifty。料金は月額2000円。
マビノギと応答速度05
時間は朝7時。夜21~23時を除き、だいたい15~19msあたりが表示される。ADSLでは標準的かな。特に日曜のやばい時間以外、ネットゲームやるには十分。

ちなみに通信速度は右の2つ。通信速度(ダウン)と通信速度(アップ)。ダウンは5Mbps、アップは1Mbpsあれば良いんじゃないかと思う。




光回線にしてもADSL回線にしても、光速で伝達するわけだから、pingに大きな違いはないはず。日本国内なら距離もそんなにならないと思う。何しろ光って1秒間に地球を7周半だっけ? 日本の距離なんて1ms以下でしょ。ディスプレイの応答速度の方が遅いわけだ。

そこでこのチェックを何に活用するか?何をしたら快適にゲームできるかの参考にする。

ケース1:深夜早朝いつも応答速度が遅い。
パソコンやルーターなど、個人のハードウェアが不調の可能性。

ケース2:混雑する時間帯だけ応答速度が遅い。
回線やプロバイダ機器、ゲームサーバーが問題の可能性。

ケース3:他サーバーの応答速度が問題なくてマビノギのアルバンだけ重い。
原因はこれから探りますw




不肖ヒラリーの環境でのマビノギ、pingがこれくらいで実際のプレイはどうかというと、ADSLの20msで全く問題無し。混雑する時間でも、スカアハとアルバンを除けば全然普通。

フレッツ光と比較すれば、たしかにこっちほど上手く戦闘できない。マウスどころかデスクまで同じようなモノを用意し、同じ環境でプレイしても、たしかに差がでる。職場で朝方、これがキレイに戦闘できる。
でもこれは交互にプレイしてるからであって、体感的に大きな差はないよ。

もし、高価な光回線でヒラリーのADSLより遅い場合は、ADSLを試してみるという方法も良いかもしれないね。

乗り換える場合は空いてるプロバイダを選択できるかどうかがポイントだと思う。見かけ上の通信速度に騙されちゃダメw
レンタルサーバーでは、月額数千円のサービスが、月額300円とかの空いてるサーバーより遅いというのを何度も見てきた。いずれ混み出せば一緒だけどさ、数年は笑いが止まらなかったり。

ネットゲームを重視したプロバイダってのも宣伝されてるし、自分は今ならソネットのニューロとかIIJのハイホーとか試してみたいと思ってるよ。IIJって、業務用では大規模かつ評価高いんだ。それでいて個人向けではマイナー。けっこう完璧かもしれないw
関連記事

-2 Comments

こおしん says..."No title"
ほぇ〜なるほど!
情報感謝です!
そういえば応答速度ってありましたね・・・
知識としては知っていたのに回線選びで全然考慮していませんでした><;

私はゲームサーバーも家で立ててるから余計気を使わないと・・・
2015.10.22 21:44 | URL | #- [edit]
ヒラリー男爵 says..."こおしんさんコメントありがとうございます"
ケーハクな内容でごめんなさいw しかしほんと、高額な商品やサービスって、わかりにくいモノがいっぱいですよね。「契約したら予想と違った」とか、やっぱキツいっすよ。

こおしんさん、そのゲームサーバーを運用される知識でぜひ、マビのラグから救って下さいw
2015.10.24 12:42 | URL | #qbIq4rIg [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。