ドリラジ練習とマビノギ初心者

ヒラリー男爵。初心者そしてルエリサーバーのマビノギブログ。ドリラジは実車改造とラジコンでレベルアップ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TT-01ちょっとチューン改造

 2008/05/16
 ムハ ムハハハァ ハァハァ o(^_^)oイェ~。
 やりました。とてもうれしい気分。今日は愛車タミヤのTT-01Dに満足度高いちょっとチューンを施しました。

交換したパーツはステアリングリンケージに関係する部分一式など。自己満足度はまるでサンシャインタワー60階くらい??

以下に続きます。

 

 ドリラジといえばドリパケ。ヨコモのドリフトミーティングを考えれば当然なんでしょうけど、改造して、いじって、まるで調教のように育て上げる楽しみはTT-01Dの方が上かもしれません。

いや、何が楽しいって、マシンがちょっとずつよくなる満足感です。なにせ、TT-01Dのシャシーは、何かパーツをかえた後、走らせなくても机上で違いがわかります。明らかにがらっと変わります。

違いがわかって嬉しい、可動部がよりスムーズになったうれしさ、ガタが減ったうれしさ、剛性が上がったうれしさ、たまりません。

そして一ヶ所をいじれば他の場所に負担が掛かり、ガタも出やすくなったり、気になる部分がすぐに解ります。次はここを何とかしようと、2度おいしい楽しさもたまりません。

いじってわかりやすく、次の課題もわかりやすいドリラジ、TT-01って感じです。

もちろん突き詰めれば、独自のワンオフパーツ投入になるんでしょうけど、その前に腕を上げたいね。

で今日は、ステアリングリンケージに関係するパーツ一式(ステアリングワイパーなど)をバシバシッと交換してみました。ブルーのアルマイトが下品に光るアルミ制です。自分はアルマイトはやっぱ紫!という派www 

可動部にベアリングが入って、キッチリかっちりしなりも最小、ガタも減ってスムーズさも増えました。もちろんその分、タイロッドやサーボからのリンケージに負担が掛かり、しなるのでしょうけど、これは自己満足度が最高ですね。速く走らせてみたくなりました。

次にタイロッドにターンバックルシャフトを忍ばせてみました。ついでにトーアウトをプラス2ミリくらいにしてみます。ガタが減った分、もしかしたら気持ち程度でも、効果があるかもしれません。アライメントジオメトリーはサスの動きに合わせて変化してもらいたいですが、大前提は初期値の維持。剛性なければアライメント意味無しと格言があります。ま、あんまり期待はしてないですし、自分はそんなこだわりより練習っすね!

それからフロントキングピンの部分のテーパードカラーみたいな部品。これをアルミ製のものに変えてみました。ネジも皿ビスタイプに変更です。

これ、すごいです。わずか300円程度のパーツにもかかわらず、ハブ(ナックルアーム)部分のガタがビシッと減りました。イェ~。

しかしだからといって、操作性がよくなるかといえば、多分違いはないのかな~。いや、わからないかな~。でもうれしさは満点。これが一番重要です。だって、趣味でスモン。今のとこね。

TT-01Dのシャシーをじっくり眺めながら、各部をメンテナンス。これ、汚れた路面での走行が多いと、確実にガタが増えますね。消耗品を常時ストックしちゃおうかな。

で、思いました。TT-01Dでドリラジするなら、やはりきっとバラスト(おもり)を置くことが重要です。多分これが一番効果大きそうですね。楽しそうです。

日曜はタムタム千葉店のサーキットに行くかもしれません。初のサーキットの可能性ありです。

  
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://doriraji.blog25.fc2.com/tb.php/26-d573441a
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。