ドリラジ練習とマビノギ初心者

ヒラリー男爵。初心者そしてルエリサーバーのマビノギブログ。ドリラジは実車改造とラジコンでレベルアップ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドリラジにセンターワンウェイ装着

 2008/05/02
 今日はドリラジ先輩からリアの出し方などを教わって、あとは徐々に慣れていこうというところで、バッテリーが終わりました。せっかくコツを覚えた瞬間なので、楽しくて仕方ありません。ドリフトはまず、好きなところでリアを出せるようにする。当たり前なのでこれはカラダにしみこませなくては・・・。

ということで、深夜3時を回り、パーツの取り付けに入りました。軟弱愛車TT-01Dにセンターワンウェイなどを取り付けます。

以下に続きます。

 

 

 本当は、パーツを付けたかった訳じゃないんです。ただ、バッテリーが無くなっちゃったから、改造です。(ドリラジ先輩みたいにできるかちょっと期待もあったけど)。

まずは、今回の走行、バッテリー4本で終わってしまったタイヤ、ヨコモゼロワンRを外します。ベルト部分の取り外し方を教えてもらったので、これはかえって変えるとして、予備のポリ管タイヤを付けておきます。

それから、フロントのバネ(スプリング)をロングタイプのベリーソフトに。リアのバネ(スプリング)をロングのハードタイプにしてさらにスペーサーを追加します。これで前のめりとグリップバランスを考えてみます。それとスペーサーの追加の意味としては、バネにプリロードを掛けることで、ダンパーの初期減衰力アップも狙いました。

何といっても、タミヤTT-01Dのオイルショックは、一回の走行でオイルが漏れ、抜け、ショックの機能をしなくなります。プリロードを強めに掛けるのはそれを補う効果もあります。まあ、ショックの縮側だけで、伸び側は効果ありませんけど。

そしていよいよ、TT-01にセンターワンウェイを取り付けます。カップの部分はデフケースを開けたりと面倒ぽかったので、プロペラシャフトのみの交換です。モーターの上のカバーを外してちょこちょこっと改造完成しました。

そもそもセンターワンウェイとはなんぞや?というと、減速時には駆動力を切って、加速時には駆動力を伝えるといったものです。わかりやすくいうと、アクセルを離したときには、ほぼ、2WDになり、アクセルを踏んだときは4WDになります。

これにより、ターンインはスパッと行くかもしれませんし、アンダーが減るかもしれません。一番はアクセルワークが楽しくなるだろうと自分リグレは思っています。

 
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://doriraji.blog25.fc2.com/tb.php/8-cf92c0c8
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。