ドリラジ練習とマビノギ初心者

ヒラリー男爵。初心者そしてルエリサーバーのマビノギブログ。ドリラジは実車改造とラジコンでレベルアップ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネット上の話題の信憑性について

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
震災により、また原発の人災による被害、東北・関東にお住まいの皆様に改めましてお見舞い申し上げます。
|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

人ごとではなく、私ヒラリーも関東地方在住なんですがすいません、本当にそんな気分です。

さて、今回は情報の信憑性について、気になったことがあるので書かせて頂きます。
というのも、私は原発の危険を感じて、インターネット環境のない実家への避難しておりました。普段、テレビの電源をつけるときはアダルトビデオを見るときだけの自分が、テレビニュースを見続けました。

ときおり、スマートフォンからの情報が知り合いから回ってきます。これによって、インターネット上の状況を想像してました。

----------------------------------------------------

普段は一日中、インターネットを利用して様々な情報を公開している自分の口癖は、「ネット上はウソが多いから気を付けて」なんです。

しかしテレビを見ていると、今回はウソばっかり。情報も遅く、子供でも分かるような情報統制・・・。政府関連のCMに原発推進派の解説者、たぶん都合のいい誤差を織り込み済みの数値などなど。

もちろん、楽観主義、慎重主義、必要以上に騒ぐ人、様々ですが、しっかり選別すると、今回ばっかりはインターネット上の情報が信用できると考えています。

------------------------------------------------------

今の日本において、テレビで情報統制、管制があるというのは信じたくありません。でも、その可能性は高く、誰もがショックを受けていると思います。

そして知りたい事を知ることができない現状でも、ひとりひとりが自己責任の割合が大きくなっています。

安心という言葉も、危険という言葉も、原発事故の前ではほとんど根拠がないものばかりです。

-------------------------------------------------------

例え関西方面に避難しても、誰も臆病とはいえないはず。インターネットという調べる術をお持ちでしょうから、ぜひご自身で納得いくまで調べて、どういう行動をとったらいいか考えてみるのも悪くないと思います。

-------------------------------------------------------

ちなみに自分はといえば、最悪の事態も考えて、今は楽しいことをして毎日を送りたいなと。具体的にはあんなことしたりこんなことしたり・・・。でも相手してくれる人がいません!同じように考えていらっしゃる女性の方、ぜひご連絡下さい!

以上、幼文失礼しました。

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。