ドリラジ練習とマビノギ初心者

ヒラリー男爵。初心者そしてルエリサーバーのマビノギブログ。ドリラジは実車改造とラジコンでレベルアップ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネット上の話題の信憑性について その5

私ヒラリー、最近は仕事そっちのけでネットの信憑性テレビニュースの信憑性についてを追いかけています。

今回は簡潔にまとめより
「気軽に見られるテレビニュースもいいですが、ニコニコやユーストリームの生放送もいいものですよ」
「インターネット新聞社などもいいものですよ」

なぜ、そう思うか?いわゆる御用学者についてではありません。筆者は最近、東京電力の記者会見をリアルタイムで毎日見ていますが、後で放送されるテレビニュースをチェックすると、かなり内容が異なっているのが実感できます。

特にこの原発問題については。
雪印やミートホープの不祥事、不二家の不祥事の際とは結構違う対応です。

テレビを見て感じるこの不信感、津波の被害に遭われて、さらに原発の心配をされている方のお気持ちを考えると非常にいたたまれない気持ちになります。

先ほどの東京電力記者会見に会長が出てきて、2時間ばかりの会見がありましたが、ウソにウソを重ねる面白さは置いておいて、こんなやりとりがされていました。
続きをぜひ。


 
以下、記憶を頼りに。

----------------------------------------------------

記者:「事故当時、会長はマスコミ各人をつれて中国旅行に行っていたと、ある議員がいってました。旅費は誰持ちでしたか?」

会長:「全額ではないですが、東電が出しました」

記者:「東電が出したんですか!」

会長:「東電が少し多めに出しました」

記者:「それを癒着と言うんです。誰と行ったか教えて下さい」

会長:「プライベートなのでお答えできません」

記者:「なんちゃらかんちゃらでプライベートな問題ではありません!」

会長:「2,3日で調査してお答えいたします」

記者:「2,3日で隠蔽する気ではないでしょうね!」

東電運営担当がとめに入る。

------------------------------------------------------

概ねこんなやりとりでした。多分、テレビではそんなに取り上げられないでしょうが、自分を初め多くの方がリアルタイムでご覧になられたと思います。

どんないいわけをするか、今から楽しみです。

質問された記者さんのお名前を覚えていないのが残念ですが、しょせんテレビニュースの信憑性なんてこんなもの、と分からせるいい質問でした。

原発関連については、東電としがらみのない、インターネットや週刊誌の情報信憑性がかなり高い模様です。
だって、記者の質問が違いますよ。テレビ局の記者は時間稼ぎとさえ思えます。

津波による被災地の皆様と同じように、東北関東地方の人の命も掛かっているかもしれない状況の中で、公務員や東電の態度や仕事はなんなんでしょうか。さらに、避難地で原発の心配をされている方の気持ちを考えると、とても歯がゆく、いてもたってもいられない気分になります。

私ヒラリーも危機感足らないため、沖縄に避難など考えてもいませんが、あまりに当事者意識のない東電の記者会見、コントだと思ってみれば面白いですよ。リアルタイムまたはタイムシフト、またはユーストリームの録画などで見ることが可能です。
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。